1ヶ月20万円の生活について

皆さま、はじめまして!はるなと申します。

現在妊娠中の29歳。都心部の賃貸マンション1LDKで年上の夫と2人暮らし。

夫の収入のみで暮らせるなんて思ってなかったのですが、なんとかやれてます。

これも最近までは、もっと余裕のある暮らしでした。

スポンサーリンク

そもそもなぜこの生活になったのか

妻の妊娠と失業

以前は、結婚前からフルタイム派遣社員として会社に勤めてました。

共働き生活なので毎日の忙しさもあり、節約とかお金の事はあまり考えてこなかったです。

食費とか日用品にいくらとか、今までどれくらい使ってきたか分かりません。

そんな中、思いもよらず妊娠していた事が発覚。

その後、残念ながら初期流産してしまったのですが

その頃から将来の事を意識するようになり、次妊娠できて子供が産まれたら…と

少しずつ貯金していこう。健康を考えよう。としていく中で

2度目の妊娠が発覚しました。嬉しかったのですが

その後、体調が一向に優れずそのまま仕事も退職となりました。

妊娠発覚後の体調

妊娠発覚と同時に出血が続き、医者にも自宅安静を命じられました。

その間、仕事を休んでいたのですが

当時、人の足りない部署に勤めていたこともあり

私にしか出来ない仕事があるのに・・・と罪悪感な毎日でした。

会社側は、心配してくれていたし

いつでも戻ってきて。と言ってくれていました。

自宅安静が解除になったのが2か月後。

出血は収まっても、今度は悪阻・・・

30分かけて満員バスでの通勤だったため、正直不安でした。

それに、派遣社員なので産休は取れるけど

その後の復帰は同じ会社ではなく、新しい会社に新契約という話を聞いて、

一から仕事をするのと同じなんだと感じました。

こんな忙しい職場なのにずっと休んでる申し訳なさもあり、

今後の事を相談し、退職を選びました。

はるな
はるな

悪阻って想像以上にツライ…それでも仕事してる妊婦さんすごいなぁ。

旦那の収入のみの暮らしに

そして、専業主婦となり旦那の収入のみで生活しなければならなくなりました。

安定期を過ぎると、体調も良くなり少しづつ家から外に出て散歩したりしていました。

今なら仕事続けれたかもしれない…なんて思う事もあるのですが、

何が起こるか分からないので、早めに休む時間を頂いて良かったかな。と思うようにしてます。

家にずっといる毎日になってから、自分の事とか家の事を考える事が多くなりました。

節約とかした事ないけど、やってみるかな。と思って

家計を見直したのもこの頃からです。

1ヶ月の家計表

簡単に現在の1か月家計簿をお見せします。

夫月収(手取り)20万円

妻月収(手取り)なし

住居費 7万円(管理費込み)

水道光熱費 1万円~2万円

通信費 8000円

保険料 4000円

食費 35000円

日用品費 5000円

夫小遣い 3万円

iphone購入代(ローン) 9000円

その他日用品費 5千円~2万円(月によっては変動)

残りは貯金に回す

本当にこれで生活できてるの??

ざっとこんな感じでやっていってますが、正直見直す箇所が所々あると思います。

自分でも、ここはもっと削りたい…とかあるんですが

今の所は何故かやっていけてるのでこのまま維持します。

夫の小遣いと日用品費

夫の小遣いが多くないか?という声が聞こえてきそうですが、

私が働いてた時はもっと多かったんですよ。私も小遣いこれぐらいあったし。

というのも旦那、バイクに乗ってるのでガソリン代などバイクに掛かる費用は

ここから出してもらっています。

日用品費は、美容室や衣服代・レジャー代も含まれます。(毎月ではないので、変動します。)

基本歩きと自転車での移動のため、交通費はほぼ出ませんし、車も今は必要ないです。

子供が産まれてからの家計見直し

今の我が家には、ここが問題で貯金が少しあるからといっても、

養育費など上の家計簿からプラスになる物ばかりで破綻してもおかしくない…

削るものや、増やすものを見つけなければいけません。

そして最も重要な事は、安心して子育てできる環境に整えること。

そのためには何をすべきか。妊娠中の今だからこそ出来る事を…

だけど、無理はしない!ゆるっとふわっと健康に楽しく♪

貧困家庭でも、楽しく暮らす事ができる!を証明できるように

このブログを通して皆さんにお伝えできたらなと思っています。

長文になりましたが、最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました