【妊娠初期】絨毛膜下血腫になった話

こんにちは!はるなです。

妊娠シリーズの第2弾。妊娠初期に罹った絨毛膜下血腫について。

出血がある方や先生に診断された方は不安でいっぱいだと思いますので、

ここで簡単に解説と体験したことを書いてみます。

スポンサーリンク

妊娠発覚と同時に出血が・・・

私が妊娠発覚したのが妊娠5週目のこと。

1週間後に病院を予約して、それまでは普通に仕事して過ごしてました。

病院の日。少し早起きしてシャワーを浴びて

ドライヤーで髪を乾かしてた時。

なんかお腹痛い気がする。

いつも緊張するとお腹が痛くなる私です。

ドライヤーが終わりトイレに向かいました。

※ちょっと汚い話になります↓

トイレに入って何分後、少しお腹に力を入れてしまいました。

その時、ぽたぽたっ と何かが流れました。

見てみたら真っ赤な血。。。

あの時の瞬間はショックで忘れることができません。

それからなかなか止まらないので、物凄くパニックになったのと

どうしよう・・・また赤ちゃんダメなのかな。という不安。

気づいたら寝ていた旦那を叩き起こしていました。

その時の私は、顔面蒼白で号泣していたそうです。

予約時間まで1時間以上あったのですが、病院に駆け込み、

事情を話したらすぐ診察してくれました。

お腹の中の赤ちゃん

まだ血が止まってなかったけど、そのまま内診。

そこで初めて小さな袋とピコピコッと動く心臓が見えました。

「心拍もありますし、赤ちゃんは大丈夫そうですね」

赤ちゃんはダメかと思っていたのでホッとしました。

「ただ、出血が多いのでどうなるか分かりません」

お腹が少し痛かった事や、出血量・色も鮮血だったため

切迫流産という診断になりました。

先生からは、仕事は1ヶ月ほど休んで自宅安静と告げられました。

診断書と張り止め・出血止めの漢方薬・ホルモンの錠剤をいただき

その日から家で安静をとる事になりました。

自宅安静中の症状

赤ちゃんが元気にしてた事は、嬉しかったのですが

切迫流産というよく分からん恐ろしい状態?で過ごす毎日は

正直辛かった。。気になってネット魔になってしまい

不安が募る夜、赤ちゃんちゃんと生きてるかな…とか

毎日のトイレが恐怖だったり。

出血は2,3日で止まったし、腹痛も最初の1日だけでした。

1週間後の診察で再び…

安静になって1週間後。

病院に行く日です。外に出る前にトイレに行ったら

また同じように出血しだしました。。

この日は旦那も仕事でいないし、1人でバスに乗って行かないといけなくて。

不安になりながら病院に向かいました。

先週と同じ状態で受付。

診察台に上がり内診。赤ちゃんは少しだけ大きくなっていて

心拍もあり元気でした。

「うんー…血の塊が出来てますね。赤ちゃんと同じ大きさの。」

そのエコー写真を頂いたのですが、

赤ちゃんの袋の隣に黒く映る大きな血腫がありました。

そこで初めて私は絨毛膜血腫だと知らされたのです。

絨毛膜下血腫とは

子宮を包む絨毛膜の外側に血の塊がある状態。

胎盤を作る途中で、何らかの理由でうまく作れず出血してしまう事があるそうです。

なので多くは胎盤を作る段階の妊娠初期にみられます。

少ない出血であれば、気づかない事もあるようです。

ただ、出血が多かったり長引くと、そのまま赤ちゃんも一緒に流れてしまったり

血腫がずっとあると古い血なので菌に感染し、それが赤ちゃんに移る事もあり

流産してしまう事もあるそうです。

これらは原因不明で、誰にでもなる可能性があるそうです。

血腫がなくなるまでのこと

自宅安静とは、家で横になってトイレ・シャワー以外は安静にしておく事。

家事も極力しないように。との事だったため

しばらくは実家に泊めてもらうことにしました。

その間は、独身時代のように

ご飯3食作らなくても勝手に出てくる、家事を一切しない

ベッドで横になって漫画を読む

ぐーたら快適生活を送らせていただきました。

自宅安静中に本格的なつわりが始まった。

実家に帰ってる間、食べづわりの症状が出始めました。

あの時の私は母にかなり甘えていました。

あれ食べたい~食べれない~無理~きつい~

つわりのなかった母は毎回不思議そうにしてましたが、

なんでも要求に答えてくれていました。

つらい便秘になってしまった。

つわりや妊娠の影響もあると思うんですが、出血に怯える毎朝のトイレ。

力むのが怖くなり便秘がますます悪化しました。

診察時に相談すると便秘薬を頂けたのでよかったです。

職場からの連絡

安静中は仕事先に事情を話して休んでいました。

仕事先の方も切迫早産になった事があるので

気持ちが分かると何度も連絡を頂き、心配していただきました。

体力不足になった

ほとんどベッドで過ごす毎日。

つわりのせいでバランスのとれた食事をしてない。

久しぶりに外を歩くと息切れしてました。

風呂入るだけでもしんどい時期があったな。。

3週間後、家に帰宅。

出血もずっとなく、つわりも段々マシになってきたので家に帰る事にしました。

帰ってきてからもあまり動かないで安静にしてたので

家事は旦那がやってくれていました。

その後の診察も良好でやっと母子手帳の許可がおりました。

良くなったと思ったのも束の間…再び。

妊娠13週の頃。自宅安静も解除されたので

外に出て近所を歩いたりしてたころです。

久しぶりに出血してしまいました。

ただ、今までと違うのが出血量は少なく出血の色が茶色。

2,3日様子を見てたのですが止まる気配がなかったので

旦那と病院へ。

診察したら赤ちゃんには影響ないとのこと。

また少し大きくなった我が子にホッとする。。。

血腫はまだ少しだけあるものの、赤ちゃんの方が大きく

流産の心配はほぼないとの事で安心しました。

その後、ホルモン剤と止血剤をもらい帰りました。

その日の夜は内診をしたからかちょっと多めに出血しましたが

2,3日で出血が終わりました。

その後、安定期に入り胎盤が完成。血腫は…

安定期に入った後は、出血もツワリも消えていたし

正月だったこともあり家族が揃い、楽に過ごす事ができました。

妊婦検診でも、胎盤が見え赤ちゃんも順調。

気になる血腫も見当たらないとの事で完全に治ったと。

胎盤が完成すると、残った血腫は胎盤に吸収されるそうです。

たまに安定期後も血腫が残る方もいるし、逆に血腫ができる方もいるそうです。

先生のアドバイスと自分が出来る事。

私は以前、初期に流産したことがあり

その際も出血があったので、今回その時のことも思い出して

パニックになってしまったのですが

今こうして元気に過ごせているので、本当に良かったと思っています。

乗り越えたのも家族と先生のおかげです。

まず自分が出来る事としては、とりあえず安静に。

それしかないです。無理せず、仕事も家事も止めて。

罪悪感が多少ありましたが、お腹の子のためです。

それと先生からもらったお薬を飲んで、水分もたっぷりとる。

そしてあまり悲観的にならないことです。

誰にでもなりえる事だし、必ず流産と結びつくものではないです。

自分を責めないでくださいね。

先生は毎回、お腹をあまりさすらないこと。と何度も言われてました。

それとトイレでは前かがみになること。とアドバイスをいただきました。笑

心配な事があったら、先生に相談するのが一番ですね。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

働けなかった人は傷病手当がもらえます。

一定期間お仕事をお休みしていた方は、傷病手当が受け取れます。

実際に私も退職後に受け取ることができました。

その時のことを記事にしてますので、こちらも読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました